アトピーで無職の男

アトピーで無職の男の生活

手が荒れているとき、料理はどうしてるの?

どうも、アトピーで無職の男、シモンです。

 

俺はアトピーだが料理をする。

アトピーで手が荒れているのに、料理なんてして大丈夫?」

「衛生面が心配」 

 そんなことを思った読者もおられよう。

しかし大丈夫だ。

 

今日はアトピーである俺が、

料理や洗い物をするときに欠かせないアイテムを紹介する。

 

目次

 

料理、洗い物に欠かせないアイテム

f:id:shimonR:20170323162624j:plain

俺が料理や洗い物をするときに欠かせないアイテム、

それがこの使い捨てのゴム手袋だ。

 

料理、洗い物、風呂掃除……。

水を使う家事は手を酷使する作業ばかりだ。

普通の人が普通に作業するだけで手が荒れてしまう。

だからアトピーの俺にとって、料理や洗い物はハードルが高かった。

 

しかし使い捨てのゴム手袋を使えば、手のアトピーを気にしなくてもいい。

料理も洗い物も出来るようになる。

 

 料理、好きなのかも・・・

使い捨てのゴム手袋を使うことで、いままで「アトピーだから」と無意識にあきらめていた料理や洗い物が出来るようになった。

 

お米をといだり、肉や野菜を切ったり、ハンバーグをこねたり、

野菜に塩を振ってギューッと水けを絞ったり、

何気ないことを手を気にせずできる。

 

何気ないことが当たり前に出来る、というのは本当にうれしいことだ。

 

俺は料理をするようになって、「自分は料理が好きなんだな」と気が付いた。

 

アトピーでも料理に挑戦しよう

料理をするといいことがある。

・体のことを考えた野菜たっぷりの料理だって自分でできる。

・節約メニューを考案するのも楽しい。

・作った料理を「おいしい」と言ってもらえると、思わずにやける。

・オムレツや卵焼きが、

 それはそれはきれいに出来たときの興奮など、教えてあげたいくらいだ。

etc…

 

アトピーだから」 「手が荒れているから」

といって料理に挑戦しないのはもったいない。

是非挑戦してほしい。

 余談

 これは俺だけなのかもしれないが、料理をしている最中は体がかゆくならない。

料理に集中しているからだと思う。

料理中はアトピーを忘れられるのだ。