アトピーで無職の男

アトピーで無職の男の生活

俺、観葉植物を眺める。

どうも、アトピーで無職の男、シモンです。

 

どんなに過酷な環境に置かれようと、弱音を吐かず、

ただひたすらに一生懸命な奴らがいる。

 

こいつもそんな奴らの一人だ。

f:id:shimonR:20170321134909j:plain

植物の生命力には、本当に頭が下がる。

「今日はダルイ」 「やる気が出ない」 

なんていう俺の戯言を横目に、日々成長を続けている。

そのひたむきさには畏敬の念すら抱く。

しかもどうしようもない俺を、その緑で癒してくれる。

「水やりがめんどくさい」なんて言えるはずがない。

 

投稿した画像の植物は、シェフレラというものだ。

2年ほど前にホームセンターで購入した。

 

ハイドロカルチャーという人工の土を利用しているので、

鉢の底に穴が開いていないおしゃれな容器で育てられる。

それに水やりの頻度もかなり少なくて済む。

忙しい人やズボラな人は、ハイドロカルチャーで植物を育てるのがおすすめだ。

 

また、ハイドロカルチャーで育てた植物は、成長が遅い。

(これは俺の管理が悪いせいなのかもしれない)

 

たとえ小さな観葉植物でも、その緑で人間を癒してくれる。

 

俺はアトピーで無職だから、気持ちが塞ぎ込んでしまうことも多い。

雨の日なんかは、もうちょっとそれだけで元気が出せない。

そんなときに観葉植物を眺めると、心がちょっと癒される。

小さな葉っぱが生まれ始めていたり、古くなった葉っぱがポロッと落ちたりする。

眺めるたびに小さな変化があり、おもしろい。

 

もし、まだ家に1つの観葉植物もないというなら、

是非購入し、一緒に生活することをおすすめする。

 

ハイドロカルチャーで観葉植物を育てるのはおすすめだ。

しかし、生き物を育てるのだから、育て方はある程度勉強しなければならない。

俺はガジュマルを、水のやりすぎで枯らしてしまったことがある。

これから植物を育てる人は、最初にしっかりと情報収集することをおすすめする。

植物を枯らすと悲しい気持ちになるぞ。