読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピーで無職の男

アトピーで無職の男の生活

まだ本を読んだことがない人へ。

どうも、アトピーで無職の男、シモンです。

娯楽が多様化した現代

「実はまだ、まともに本というものを読んだことがない」

という人も、意外と多いんじゃないか?

 

ということで今日は「読書を始めましょう」というお話。

 

目次

f:id:shimonR:20170317155455j:plain

 俺は時間持ち。皆さんは?

あのホリエモンがこのようなことを言っていた。

「僕はお金持ちかもしれない、でも皆さんは時間持ちなんですよ」

お金持ちは稼ぐお金に反比例して、自身の自由にできる時間を失っていく。

つまりお金はあるが時間がない。

一方そうでない人は、多くの自由にできる時間を持っている。

つまり時間持ち。

貧乏暇なし、という言葉もあるがそれはさておき、

俺が時間持ちであることは確かだ。

アトピーによって奪われる時間を差し引いても、まだ時間は余りある。

だから、というわけではないが、

俺は本を読んでいる。

 

f:id:shimonR:20170317160636j:plain

 君は読書をしているか

読書なんて、皆当たり前のようにやっているとは思う。

でもここだけの話

「いい大人なのに、まだまともに本を読んだことがない」

という人もいるのではないか。

ウサギのように恥ずかしがる必要はない。

何を隠そう俺もそうだった。

 

f:id:shimonR:20170317160621j:plain

 俺が初めて読んだ本

 初めてまともに本を読んだのは大学に入ってからだった。

 ずっと、本と言えば漫画だった俺だが、

ある時ふと「そうだ、小説読もう」と思ったのである。

JR東海も驚愕の唐突さだったように思う。

何はともあれ、

さっそく本好きの友人におすすめの本を教えてもらった。

 

東野圭吾 『さまよう刃』 角川文庫 である。

f:id:shimonR:20170317125139j:plain

 

通学中の電車でこれを読んでいた友人は、目的の駅で下車するために、

本から目を離さなければならないことを恨めしく思ったという。

  

f:id:shimonR:20170317161002j:plain

初めて本を読んでどう思ったか

まさに友人が言っていた通りの小説であった。

俺は小説の世界に没入し、どんどんとページを進めた。

そして読み終わり、表紙を見返して、タイトルの意味を思って一人唸ったりした。

俺は本というものの面白さに気付かされたのだ。 

 

まとめ

「本くらい読まなきゃな」 

と思っているそこのあなた、今すぐ本を読むべきである。

暇だと思う時間があったら、とにかく本を読んでみてほしい。

何から読んでいいか分からなければ、

友人でもいい、親でもいい、ネットの情報でもいいから、

おすすめを尋ねてみてほしい。

こんなにも近くに、素晴らしい世界があったのだと気が付くだろう。

そして、本を読んでいなかったそれまでの自分を思って後悔するだろう。

 まだ本を読んだことのないあなたが、素晴らしい本に出会うことを願っている。

 

さまよう刃 (角川文庫)

さまよう刃 (角川文庫)